全国LGBT理解増進ネットワーク会議(最新情報)

同性愛や性別違和など性的マイノリティの人々が、日本社会で自分らしく生きていけるための、すべての基礎となる理解増進法の制定を目指します。

公明党PTで

公明党性的指向性自認に関するPTで、理解増進ネットの説明をさせて頂きました。

f:id:lgbtrikai:20170530223925j:plain

公明党PTの谷合正明座長のFB

 

広告を非表示にする

「世界の先端でLGBT『理解増進』を」パレードの先頭を歩く宮川氏

宮川典子自民党性的指向性自認に関する特命委員会」事務局長が東京レインボープライド2017のパレードの先頭を歩いてくださいました。

 

以下朝日新聞の記事です

●「世界の先端でLGBT『理解増進』を」 自民・宮川氏

2017年5月7日19時17分

www.asahi.com

 

 

警察庁からLGBT研修依頼

2017年(平成29年)5月9日、警察庁から、全国都道府県警察本部の人事担当責任者の皆様のLGBT研修の講師依頼を頂きました。
 
これは、昨年、自民党が示した33項目の政府への要望書に基づく具体的な動きです。
 
今後とも政権党としっかり協働しながら、わが国のLGBT施策を理解増進に導ければと考えています。
 
 
全国LGBT理解増進ネットワーク会議

自民党本部にて設立説明会を実施

f:id:lgbtrikai:20170511222542j:plain

 
2017年(平成29年)4月19日に、永田町自民党本部にて、全国LGBT理解増進ネットワーク会議の設立説明会を実施させて頂きました。
 
自民党性的指向性自認に関する特命委員会古屋委員長、田村委員長代行、進藤幹事長、宮川事務局長、石田事務局次長ほかの皆さまのご臨席の下、無事終えることができました。
説明会には、各府省庁の担当課長等の皆様もご参加頂き、約1時間にわたってしっかり今後の活動についても説明させて頂き、ご理解を得ることができました。
 
また、古屋委員長からは、私どもの会の活動および考え方について、出版するようにとのお言葉も頂き、委員長直々にタイトルまで決めて頂きました。
「そうだったのかLGBT!!」
 
現在のわが国のLGBTを取り巻く環境をしっかり見据えて正確に理解し、LGBTに関わる行政や企業、団体、NPO等の皆さんの必読の本にしたいと考えています。
スポンサーを募りつつ、出版準備を進めています。ご期待下さい。
 
全国LGBT理解増進ネットワーク会議
 

『 全国LGBT理解増進ネットワーク会議 』 設立 報道発表資料

f:id:lgbtrikai:20170418003432j:plain


-----------------------------------------------------------------------
~ 歴史的な第一歩をともに踏み出す ~
『 全国LGBT理解増進ネットワーク会議 』 設立
-----------------------------------------------------------------------
 
【趣旨】 当会は、LGBT(性的マイノリティ)の基本法となる、LGBT理解増進法(性的指向および性同一性に関する国民の理解の増進に関する法律)の成立を目指し、様々な活動を行います。(詳細は、当会の小冊子をご覧ください。)

自由民主党性的指向性自認に関する特命委員会に、次のような提言をしました。

〇 LGBT に関わる人権教育・ 啓発は、反差別ではなく、理解増進で。
〇 カムアウトできる社会を目指すのではなく、カムアウトする必要のない社会へ。
〇 人権教育・啓発は、全国あまねく公平に。
〇 LGBTの活躍は、多様性を尊重する社会への試金石。
〇 人権文化の醸成には、議論を深める時間と過程が重要。

 

全国LGBT理解増進ネットワーク会議 (略称・LGBT理解増進ネット)

LGBTについては、連続した6色のレインボーカラーで表すロゴが汎用していますが、当会のロゴマークは、6色の個別のタイルで表現しています。L/G/B/Tは、それぞれが異なる課題を抱えています。LGBは、「性的指向」、Tは「性自認」を表しますが、性的指向に関わる課題も様々です。当会はあらゆる立場の皆さまに、「合理的で分かりやすい啓発」を、「理解増進という世界初のわが国らしいアプローチ」をもって、課題の解消に努めます。
ロゴ制作・(株)カケハシ スカイソリューションズ

奄美群島でのLGBTツーリズム

全国LGBT理解増進ネットワーク会議は、奄美群島でのLGBTツーリズムを協力企業であるカケハシスカイソリューションズ(同社の中川社長は本会のアドバイザーのお一人に就任して頂いています)さんとともに進めています。

カケハシスカイソリューションズさんの実施している「島キャン」は、2014年4月から739名の学生が参加している、島おこしインターン地域おこし、島おこしへの貢献を目指し、都会の大学生が離島でインターンシップショップです。また、島キャン宣伝部は、島キャン生によるSNS、口コミで発信する情報サイトです。

島キャン宣伝部(カケハシスカイソリューションズ)
http://www.shimacam-sendenbu.com/

LGBTの「差別禁止」ではなく、「理解増進」の具現化として、私たちはLGBTツーリズムを活用した島の活性化を進めます。世界から、日本からの多くのLGBTの皆さんが奄美でつながり、多くの出会い、島の皆さんのおもてなしやふれあいを通じて人が変わり、島が変わる様子を実感して頂けるように進めて行こうと考えています。

Letibbe Lifeにて掲載されました。

life.letibee.com

LGBTメディア「Letibbe Life」にて、当会世話人の一人である繁内幸治のインタビュー記事が2回にわたり掲載されました。

 

Letibbe Life

自民党性的指向性自認に関する特命委員会の真実を直撃

その1 2017.01.05
「なぜ自民党が特命委員会を立ち上げたのか?」
http://life.letibee.com/interview-lgbt-jiminto/

その2 2017.01.06
「理解増進法を目指す真意と、現在の状況と今後の見通し」
http://life.letibee.com/interview-lgbt-jiminto_02/